カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

死生観

明治生まれの父方の祖父が入院したと知ったのは1月だった。
99歳の秋か冬に
畑に入るのにはしごを登りそこね落下
腰の骨を折った
リハビリセンターで治療中に
腸管破裂で意識不明
近くの病院に転院していると
仕事の都合で1月になって帰省した拙に
父親が告げた
妹を若くして亡くしたからか、父親は病気だとか死が怖い
(母親の長期療養も、胃がん手術も拙が一人で付き添ったくらい)
拙の帰宅を待っていたらしく、家族で見舞いに行った。

幸い、その日は意識が戻っていて
見舞いに来た父親に、仕事をしっかりしろとしかりつけていた
帰路、タクシーの中で回復を喜ぶ父親に
生きているうちに合わせてくれてありがとう
と云うと、父親は黙った
脊髄神経損傷による腸管麻痺が原因だから、
麻痺した内臓が動かない以上、先のないことはこの仕事をしていると想像しやすい
その月中に祖父は亡くなり、和歌山にいる人間だけで葬式に参列したと聞く

幼児の時に、実の祖母の葬式に出て以来
葬式に何度も出ているからか
幼稚園の友達と思っていた連中に追われ
石つぶてで額を割られたからか
拙は死を怖いと思うことがない
今でも、怖いのは
”死”そのものではなく
それが奥さんを困らせること

生きている以上、死はいつも隣にいる存在で
忌むのも、意識から遠ざけようとするのも、逆にさも重大事のように他人を責めるのも
拙には理解できない
どう生きるか、どの様な死が望ましいか
その為に何をすればいいか
そういう方向にしか考えが向かないのは
現代人としては
おかしいのだろう

をみるが
より多くの人の命を救う救助の本質論を避けて
一人一人の命の話にし
死の恐怖を強く訴えて
複雑かつ難解、
そして視聴者はどうすればいいかという結論から逃げる番組になった





# by hg20706 | 2019-01-19 21:57 | くだらない戯言
ジョージ・H・W・ブッシュ氏の死去についてのニュースや解説が少なすぎる
ブッシュ氏は幾つものキーワードにおいて
元大統領という政治的な意味だけじゃ無く
アメリカと世界経済に影響を与える人物である
まず従軍経験者。世界中の軍人が、その戦歴に敬服する。
そして、卓越した政治家として、レーガン政権は、特に後半は、ブッシュが動かしていた。
更に、代々続く石油会社経営者。
産業革命を推進した石炭に変わるエネルギーとして、20世紀の世界は石油が動かした。
第2次世界大戦、湾岸戦争等、戦争の目的にすらなった
そのキャスティングボードを
直接政治家として、引退後は経済人として、息子を支えた政治チームの陰のリーダーとして
父ブッシュの名前はことある毎に見え隠れしている

石油が、次のエネルギーに変わろうとしている現在
一つの時代の象徴として
彼の死をとらえたい

キッシンジャーはまだ生きているんだよな
まだまだ日本の舵取りは難しい
安部首相、麻生大臣にがんばっていただきましょう


# by hg20706 | 2018-12-02 01:12 | くだらない戯言

解脱

以前、fbに書いたことだが
京都の某有名禅寺に観光に行ったときのこと

国宝重文の建物や寺宝を
バイトのおばちゃんたちが、石油ストーブを横に置いて
受付、案内、清掃と
働いていた
隣の白木が輝く新しい寺院では、
ガラス越しに暖房完備の中を歩く僧侶が映る
拙はこの寺に観光したが参拝は出来なかった。

もちろん
悟達の道は一つではないし
徒に体をいじめることが修行では無いことを釈尊は喝破しているというが

越前永平寺で修行・参禅している人たちや
死と誠実に接し続けることで、浄土教系の悟達を得た”納棺夫日記”の青木新門氏とは
違った景色にみえる

修行僧の一人も掃除していない寺で
五山です、大本山ですっていわれても・・・

壊したのは
押し寄せる観光客か
権威付けし貴族化させた歴史か


# by hg20706 | 2018-10-28 06:03 | くだらない戯言

死語の世界


絶滅危急季語辞典 夏井いつき著 (筑摩文庫)を借りる
滅茶苦茶おもろい
拙は、奥さんから骨董品と呼ばれるくらい
古い言語が好きで
死語や
辞書の片隅にある、今では使われない意味で言葉を使ったりするのが
大好き

この本は、季語辞典には載せられているが
使用例が見当たらない
変わった季語に句を作ってみよう
(連載企画なので)一般愛好家読者から募集しよう
というすばらしい本

言葉というのは、なまものなので
使われないと、溶けて流れる
使い続けると変質する
そこに興趣深さがある

作られた当時の使われ方、作った人の使い方を調べるだけでなく
新しい使い方を作る
死語の生かし方として
最高






# by hg20706 | 2018-10-18 01:09 | 本のことなど

いじめる側だったと思う

昨今のいじめ問題がどうも理解しがたい
いじめる側といじめられる側って、そんなにきっちり分かれるものなのであろうか
40余年前の拙の時代の経験とは昨今はずいぶん違うのか
それとも(昔の話をする)発言者は都合良く記憶を変えたのか

小学校入学直前に、幼稚園の友人十数人に石を持て追われ
額を割ってより
小学校時代は、1人対数人から十数人の喧嘩を何度かしてきた

多数相手の勝負は、多数を相手にしてはただやられるだけになる
トップと1対1に持ち込むのが一番だろうが、
大抵遠いポジションに移動されるので難しい
喧嘩の弱い拙の様な人間は
とりまきや、弱いヤツ、あまりわかっていないで参加した者を
一人一人順番につぶしてゆく方法しかない
本当に喧嘩は弱い方なので、1対1でくる強いヤツには勝てないが
悪気無く多数で仕掛けるようなヤツは結構捕まえやすく、あまり抵抗せずにやられてくれるので
本気で腕を捻りあげる
やめてと云おうが、泣こうが、緩めない
もうしませんなんて言葉を本気にすると、
手を離したとたんに、すぐ仲間に合流する
小学生の言葉なんてその場限りの無邪気な戯れ言
痺れて立てなくなるまで痛めつけないと意味が無い

1人2人つぶしたあたりで
教師が、
いじめはいかん!と止めに入り
こっちは仕掛けられた喧嘩を買っただけだと
教師との口論に替わってしまう(お陰で教師相手にも慣れてしまい、後年周囲に尊敬されたり怖がられることになる)
またお前かとあきれた教師が、
喧嘩両成敗で、お互いあやまりなさい
何度か、そんな決着になってしまった

いじめられたトラウマが一生残ると云うのなら
あの頃いじめた奴らには、
ただみんなと一緒になって遊んだだけなのに、突然怪我させられたと
拙に対しての恨みが残っているだろうが

一罰百戒
だんだん喧嘩を仕掛けてくるヤツが減ってきて
当方には平穏な日々が訪れたのだから
悪いとは思わない

あっ
拙と同じ方法を
子供たちにおすすめしているのではありません
周囲を怖がらせることで
得られるものと失うものがありますから
そこは自己判断で、決めてください

追伸
くどいようですが
当方、喧嘩は滅法弱く
いつも負けてました
でも
負けても、強いヤツにむかっていったというだけで
普通の連中は充分怖がります
ガキ大将たちも避け始めます
喧嘩を仕掛けてくるヤツが減ったのは、それもあります







# by hg20706 | 2018-10-16 01:43 | くだらない戯言

手弱女

高校ではESSに入っていたが
顧問の先生が、留学生に
日本女性とアメリカ女性の違いを問われて
今、君の座る姿勢が違いだと答えていた。
留学生は床にあぐらで座り
ESS部員は正座か足を横に崩した正座。
楽な姿勢では無く
下着が見えることを気にして座り方を工夫する
40年前の
共学のティーンエイジャーは異性の目を気にして
そのような技術を身につけていた

スカートが短くなり、スカートの下にズボンをはく昨今
日本女性と留学生の差は無くなってきたのではないだろうか
伝統技術が少しずつ失われている一例かなぁ、と思う

ただ
現代の若者はだからというつもりは無く
でかいケツに、更にでかい鞄を乗っけるより
ズボンをはく方がずっといい習慣だと思うし
性の解放性と、女性らしさという技術も別物だと思う
昔の女性は
祭りの夜には鎮守の森で屋外乱交をしたし
戦後も、新幹線の中で男性アイドルが襲われた話もある
慎ましさ、艶っぽさという技術を磨く機会が減っただけだと思うのだが







# by hg20706 | 2018-10-16 01:05 | くだらない戯言

たまには唄など

奥さんが天蓋よりに好きなyoutubeをupしたので
拙もup
サウダージあるいいうただと思います








# by hg20706 | 2018-07-12 16:43 | くだらない戯言

職業学習に際して

近所の小学校から、手紙が届いた
職業学習として、獣医師に興味のある学生からの質問状であった
こんな返事をしてみたが、果たして良かったでしょうか?

 拝啓
 お水取りが話題になる昨今、○○殿に於かれましては、益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
 丁寧なお手紙ありがとうございます。職業学習として、獣医師という職業について調べられるということなので、ご質問にお答えする前に、獣医師という職業について、ざっとお話致します。
 小学6年は、己を振り返ると、完全な大人ではないものの、大人の書物やネット記事等も読み進められる、子供というには成熟した年齢だと思います。拙などは時間や空間を超える絶対的な存在についてあれこれ思索していた時期であり、時代から自由な、法や倫理を超越した人間とはかくあるべしなんて考えていました。後年、とっくの昔に超人思想として存在したのを知るのですが。また、学校の図書館では紅楼夢なんてものも読んでいました。
 ですから、ここでは大人の言葉で説明させていただきます。習っていない単語も多いと思いますが、先生に聞いたり、辞書で調べて自分なりの理解を求めてください。
 獣医師という職業は、農水省が管轄する国家認定資格の一つです。なりたいと思えば、国家試験を受験するための資格(日本の大学の獣医学科を卒業するか、特別に認めれた外国の獣医師資格)をもって獣医師国家試験に合格する必要があります。
 獣医師の仕事は動物病院だけでなく、医学部や製薬会社での研究、公務員として保健所や検疫所での公衆衛生業務などもあります。動物の為では無く、人の生活の為の仕事であることの方が中心です。私の就いている動物病院はむしろ獣医師という職業の中では少数派です。
 動物に関わる学問は、理学部生物学科を中心に、AWS動物学院などの専門学校、医学部や看護でのアニマルセラピーなどがあり、獣医師という職業もその一部にすぎません。動物が好きという気持ちから興味を持たれる人が多いですが、自分の思っていた世界と違うと、大学をやめたり、職業を考え直す人も多いです。
・獣医師を目指す上での困難は、
大学入学と国家試験という勉強面の困難の他に
獣医師という職業は、動物の気持ちになってに寄り添う(専門用語で”同治”と云います)だけではなく、治療という痛み苦しみを与えて、その先に導く(対治といいます)必要があります。鬼手仏心とも云います。また、動物の為では無い人間の為の行為もあります。動物好きという気持ちを、大学在学中に動物に対する慈悲という気持ちに切り替える必要があります。
・獣医師になって苦労していること
病気は診察時間を守ってはくれません。また、飼い主さんの事情により、診察時間以外に診察する必要がでることも儘あります。豊能地方という僻地で開業していいることもあり、また地域に根ざした診療所でありたいという思いもあり、出来るだけ診察時間外も対応しています。そのことで家族に迷惑をかけていることです。 
・目標とする人物について
”上医医国、中医医人、下医医病”という言葉があります。
また”最強の名医””失敗しない名医”なんてドラマがありますが、その様な名医には私は興味ありません。
私の目標は、他院では救われない目の前の患者にどうするのが、医療的、QOL、家族事情などからいいのか、悩んでゆく先生たちです。
その背後には累々たる屍と、奇蹟を喜ぶ人々の感謝の両方が堆く積まれています。
だから、40歳を軽く超える年になっても延々迷っています。あの時の○○ちゃんにこうすれば良かったかな、なんてぽつりと洩らします。飼い主さんの前では愚痴りませんけどね。
これでは回答にならないかもしれないので、具体的な名前を2名挙げますね。
吹田駅前に小儀動物病院という動物病院があります。院長の小儀昇先生は、整形外科では有名で、関西中の先生が手術を一緒にして欲しくて、深夜、診療が終わってから、患者を持って来院しました。ですが、いつも、僕は、日本一の整形外科の教授の手術で、先生に指名されて麻酔係を何年もして、先生の手術を最前列でみてきたんだ。助手もしてないし、手づからは教えてもらってないけど、その記憶を元に自分で工夫してきた。って仰っています。
もう一人は、阿倍野松虫にある岸上犬病院(岸上獣医科病院)の故・岸上正義先生。この先生は、終戦後、日本の獣医科にまだ整形外科がなかった時代に、獣医師になったあとに大阪大学医学部に入り、整形外科を勉強した先生です。当時の人の最新医療やアメリカの文献から、犬猫を治療するにはどうしたらいいかを工夫し、一人一人の患者さんの手術の為に必要な道具を自分で作りました。しかもそれを自分だけのものにしては多くの動物が救われないからと、使用した道具を元に、岸上式○○という道具を数百個開発して、日本中、いや世界の獣医さんに教えてあげました。彼の発明と、彼が育てたお弟子さんが開発した道具や技術のお陰で、今の獣医外科学が成り立っています。
・獣医師をやめたいと思ったことは
 自分にはむかない、やめようかと思うことは、数百回できかないかもしれませんが、自分にしか救えない患者さんがいるから、やめるわけにはいかないと思っています。

以上、この様な返答で宜しいでしょうか。わからないことは、再度お問い合わせいただければ、お答えさせていただきます。
花冷えの季節に入ろうとする昨今、○○殿にはご自愛くださいませ。
敬具

箕面森町動物病院
垂井清治


○○小学校6年1組
○○ 殿

”慈悲”という気持ちを死を身近に感じないで育った小学生に理解させることはとても難しいと思う。
でも、サバイブという言葉が重要になるこれからの時代を生きる為には、今後必要だとも思う。
先生、お願いいたします
 

# by hg20706 | 2018-03-21 02:29 | くだらない戯言

ブラックペアン



TBSのブラックペアンが、白い巨塔の様な迷作になりそうで怖い。
いえ主人公たちではなく、敵役の内野聖陽さんの佐伯教授が不安です
佐伯教授のモデルはどうみても中山恒明先生なんですが
先生は、患者さんから観れば神様で済みますが
一歩中に入った人間からすると、”神の手を持つ外科医”なんて生やさしいもんじゃなく、
鬼!怪物!悪魔!デウス!何と呼んでも足りない位の巨大な存在
こんなことがあったという本を読む程度でも、拙の様な小者は雷に撃たれた様な衝撃を受けてしまいます
癌でも移植でも産婦人科でも何でもこいで
毎日どんな手術もこなし、どんな治療も日本有数
なのに
自らにも弟子にも、その先を要求して止まるところを知らない

我こそは日本一と自他共に認める国手が、科学と医学の進歩を受けた現在の自分をもってしても、最も得意とする分野以外は勝てる気がしないと言わしめる(逆にみていて勝てそうもないからお弟子さんたちはそれぞれ一流の専門医になったかも)天才外科医が
患者さんを救いたいと民間療法まで手を拡げています

どこまで視野が広いねん

原作の佐伯教授は、ここまでの怪物じゃないですが
原作はドラゴンスレイヤーよろしく、佐伯という巨大な存在に、若い腕自慢が挑んで破れる(更にその向こうには医療というもっと巨大な存在があるんだよということを匂わせる)物語なのですから
“先進医療技術”VS“外科医の手技”なんて理解で、その巨大さを表現できるんでしょうか?
丑尾先生、いい脚本をお願いします

# by hg20706 | 2018-03-21 01:48 | 本のことなど

老人にとって古里は

NHKBSの新日本風土記 熊野古道伊勢路
を観る。
尾鷲訛りは紀の川筋とは少し違うが、紀州弁独特の男女の区別の少ない敬語の無い言い回しが懐かしい

山奥の嫗がトンビに餌付けする。
子供達の処に行かず、その場で一人暮らしをきちんとしている方らしい
鳥辺野だと気が付いたのは拙の勘違いだろうか。
10年若い奥さんは、そんな習慣が日本にあったことさえ知らなかった。
熊野は黄泉の近く、補陀落渡海の地
死を忌みきらい遠ざける昨今の日本人にはない、力強い死生観がある。
最後に画面を舞う蝶もまたかって死者の化身とされた生き物
編集者は口に出しては言わないけれど、死と再生の輪廻を匂わせた映像であった。

本来は命懸けの目的を達成する為の覚悟を固める為
京を出て熊野大社から神宮、
死を覚悟する危険な峠を超えて安全な路を帰る
死から生への路だと思うのだが
今回は神宮から速玉大社への路として紹介された
時代が求める新しい死生観を模索するか?

とまれ、拙も残日を数える頃合いに差し掛かる
熊野が呼んでいるように思えた


# by hg20706 | 2018-02-11 02:49 | くだらない戯言