隅田の苫屋のぶろぐ


by hg20706
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

人でなし

民主党という党に、人間はいないのか
ねずきちのひとりごとというblogは勉強になるとちょこちょこ拝見させていただいているが
昨年11月の護衛艦はるさめの帰国式に政府・民主党は誰もよこさなかったし、電報すらなかったという
信じられなかった。
名前のあった小泉進次郎氏のblogで確認した。
日本軍嫌いで有名な吉田茂は、しかし自分が派遣した掃海艇殉職者にはきちんと碑文を書いている。それが人間というものだ。
f0012602_18351513.jpg


























命が大事といいながら、政府が派遣して命がけの仕事をした人間に対し、そのような扱いは許されないだろう。
参院選は憶えておれ!!という思いが日々強くなる
f0012602_18353522.jpg




















しかし、小泉進次郎という人は、選挙前から優秀だとは聞いていたが、オヤジより数段優秀な男だねぇ。
江藤拓氏といい、人材が残っている自民党の政権奪回は意外と近いかもしれない
[PR]
# by hg20706 | 2010-06-13 18:40 | くだらない戯言

ちょっとアンニュイ

以前書いた時にはみつからなかった唄がようつべでみつかりました
ナレーションがついて、最後は吹き出しました(ってどこがアンニュイ?)

桃郷シンデレラ


続いてアンニュイな唄たち。










最後はいつも車内で聞いている曲です

[PR]
# by hg20706 | 2010-06-05 09:29 | 変哲もない日常

誕生日

月曜日なので、昼間だけ奥様とデート
奥様リクエストは美々卯
そのあと、用事をすませてみのおいかり
前日買ったプレゼントはその日のうちに奥様の手に渡っていて
あっさりと誕生日は終わりました

奥様はおいかり
わたしゃ、都会に疲れた一日でした
[PR]
# by hg20706 | 2010-06-02 20:42 | 変哲もない日常

アリス

奥様と、箕面ヴィソラにある109シネマ
夫婦二人きりで久しぶりにアリスインワンダーランドを観ました

19歳のアリス

わかりやすいストーリー、少ない不条理

ティム・バートンにしてはあっさりしてるな

というのが感想です

和歌山にいた頃に観たドリームチャイルドをちょこっと期待していたのが、間違いでした

ティム=怪作

ちょっと思考が硬直していたかな
[PR]
# by hg20706 | 2010-05-12 20:55 | 変哲もない日常

口蹄疫

獣医師として、これについて発言することは差し控えさせて頂きます
専門家として専門外のことに発言することは、
真の専門家を困らせることになります

ただ、云わせて頂くとすれば
ごく初期、狭い地域の発生をきちんと捕まえた、宮崎県の獣医師を
それをきちんと上にあげていった関係職員を
とても優秀で決断力のある方々だと、尊敬致します
[PR]
# by hg20706 | 2010-05-11 20:04 | その他
調べものをしていて、ふと和歌山ラーメンから、大学時代に通った札幌狸小路のお店をググってみました

大学時代、同期とよく古本屋廻りをしましたが
趣味の違いから、中途別行動になりまして
友人は狸小路でうまいラーメン屋をみつけたと
次から必ず立ち寄るようになりました
数回食べ損ねてからは、まずそこでラーメンを食べてから行動開始
11時台ならなんとか潜り込めますが、12時過ぎると行列がすごくて入れません
夕方はスープ売り切れでだめ
今日は食べられるかなんて云いながら狸小路を走ったものです
味噌・塩・醤油の3種に、ライスでしたが
どれもほぼ同じ色と味でした
独特の濁ったスープに、焦がした脂
季節で少し味が違ったり
卒業近くに味が少しうすく、香ばしくなったような気がしますが
ここまで濁ったスープは他に無かったです

店主が亡くなり、店を閉めて十数年たった今でも人口に膾炙するらしく
店名を忘れて「靴屋」 「ラーメン」「狸恋路」で
ググるとすぐに出てきました
「富公」

京都系のラーメン屋が近い味と濁りなので
もしかしたら、「横綱」になじめないのは、
舌が無意識に富公を求めてしまうからかもしれませんね
[PR]
# by hg20706 | 2010-04-12 19:42 | くだらない戯言

歳をとりました

昨日は例年になくひっそりと誕生日をむかえました
おめでとうメールは業者さんをのぞいて、友人G氏一人
家族はすっかり忘れているようです
忙しいじきだからいいけどね

久しぶりにメールを開けたら、スパム扱いが1350通。
確認だけでも疲れる
業務上の返信義務(飼い主さんのご相談)なし
よかった


Ps.
来月は奥さんの誕生日
忘れたいけど、後が怖い。プレゼントは何を準備しましょうか
私の所持金でできること・・・漱石さんとよく相談、相談
[PR]
# by hg20706 | 2010-04-09 20:51 | 変哲もない日常

歴史観

最近、歴史の話をする機会があり
「人権の無い時代は恐ろしい」という話を聞く。
面白い視点だ。

日本で中世と区分される時代、女性が行商をしていた。
そのことは同時期の欧州と比較して、すばらしいことだと思うという私の話に対して、
成功論の裏には、道々何をされるかわからない危険があったと仰る。
移動はその覚悟の上の成功例である。一概に賛辞すべきではない。
仰るとおりである。
しかし、その確率が欧州の中世や近代と呼ばれる時代に比べて格段に低いことが、
その様な人々が存在したことで想像できるので、
私は当時の日本は、現代と同じではないが、安全といえると思っている。

日本の中世は女性が保護の対象であった時代ではない。
自分の身は(当然、神仏や男性などの保護を含めて)自分で守り、責任も自分でとってゆく。
自立はしていたが、人権思想はないので、「人権がない」という言葉は正しい。

近代、人権のうまれた時代では、女性は保護の対象であった。
安全は高まったのだろう、世界中で女性の移動が行われた。
覚悟をして移動することは、国内であれば極端に少ないであろう。
しかし、事故が無いかといえば、そうではない。
交通事故、遭難、少ないにしろ誘拐暴行。安全性に極端な違いはないと思うのだが。
とまれ、仰った方は若い男性であり、ご婦人方を前にしてとても男らしい発言だとは思う。

まぁそれより今回面白かったのが
「人権」という近代思想をもってスパッと歴史を批評されたことで
私のような酪農学部出の門外漢とは違う
近代歴史教育を鮮やかにみせられた思いがした。
[PR]
# by hg20706 | 2010-04-05 19:02 | くだらない戯言

夜が明けたら

毎日新聞に浅川マキ死亡の記事が
http://mainichi.jp/select/today/news/20100118k0000e040077000c.html?link_id=RTH03

時代が変わってゆく
おいやんには寂しい
[PR]
# by hg20706 | 2010-01-18 20:37 | くだらない戯言

綿井健陽

尊敬していたが、blog
”皇居の中に住んでいる人たちを祝う催しものに、笑顔で出席したりする人たちを見ていると、急にその存在自体が安っぽくなるね。
エグザイルっていま何人のグループなのか知らんほどようさんいるけど、その中で誰か一人ぐらい異議を唱えるメンバーはおらんのかね。「俺たちは誰のために歌ってるんだ?」。”
を読んで、がっかりした。
別に、自分が日本の皇室は世界に誇れるものだと思っているから、それに反対することにがっかりしているわけじゃない。
私自身、あのパフォーマンスに感動はしなかった。
ただ、その努力は尊敬できた。多忙ななかに、1回だけのための練習を加え、全員きちんと仕上げてみせる。普通じゃできない、金を多少積まれたってやりたくもないだろう。。”誰”が皇室かどうかはわからないが、誰のためであれ、何のためであれ、きちんとした意志なしに出来ることじゃない。安っぽいと切り捨てていいものだとは思わない。政治信条がどうか、その視点以外は全て安っぽいと切り捨てる。個人の信条を問いながら、”知らん””誰か一人”とそれぞれの若者を全く見ていない。
がっかりしたのは、そういう綿井氏の態度に対してである。
自分なりの考えを求める真剣さが、他のジャーナリストと違う切り口をみせていて好きだったが、酔っぱらいの戯言のような平凡な常識論を書く人間だとわかってである。
[PR]
# by hg20706 | 2010-01-18 20:26 | くだらない戯言