「ほっ」と。キャンペーン

隅田の苫屋のぶろぐ


by hg20706
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2014年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

平和について

先に書いた文章は何を書いてあるかわかりにくいかと
特に”平和”という言葉の使い方に、読まれた方が混乱しそうなので
過去に書いた文章で補足する


こういうと驚かれるだろうが、”平和”という言葉はマイナスイメージを持たない貴重な言葉である。平和は麻雀は別にして、絶対的ないいもの、誰もが否定しないものとして常識扱いされている。
”人道”は最近は地球環境という視点から批判を浴びることがある。”社会主義”も独裁を連想される。”神”はカルトのイメージを持つ。”聖”は古くは高野聖、近年は聖○○学園。”天使”は早朝割引・・・失礼。

だが「平和の欠点を挙げろ」と云われて言葉につまらない人は何人いるだろう。
平和についての百家百論は、しかし、そのことを逆手にとって
「それは真の平和ではない」
と書き込めばたちまち霧散する。
今まで言葉を連ねた努力は何だったのかとむなしくなる。
なんなら喧嘩にならないですむ相手に試してみればよかろう。

そう、平和とは何を指すかという議論はあっても、平和そのものに否定的な人は去年くらいまでは極少数の変人のみであった。私もその変人の一人であることは自認している。先の命題は高校時代のものである。
昨年”平和ボケ”という言葉が流行ったが、これだけは平和そのものに抵触せずに平和にマイナスイメージをつけた新しい言葉だと思う。この言葉の延長線上にもしかしたら”平和”を絶対神のひな壇から叩き落すものがあるかと思っている。私が気後れすることなく平和という言葉を使えるのはその頃であろう
[PR]
by hg20706 | 2014-07-17 22:54 | くだらない戯言

誇り

http://www.asahi.com/articles/DA3S11203173.html
”戦後69年間、日本は戦争で人を殺していないし、殺されていない。集団的自衛権を使う国になれば、その誇りを失う”

http://www.jpsn.org/essay/captain/4615/
戦死者を無視しますか、平和の名の下に。
そうですね、それが”平和”というものの性格なんでしょう。
戦争で国を滅ぼさずにすむためなら、如何なる謀略・暗殺・誘拐も辞さず、また逆にそれを受けても秘密にして耐えること。
平和のための殉職者をきちんと弔うこともしない。
それで誇りを持てる人はいいですね。
[PR]
by hg20706 | 2014-07-17 22:35 | くだらない戯言