「ほっ」と。キャンペーン

隅田の苫屋のぶろぐ


by hg20706
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2008年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

沖縄ノート判決

裁判の本質が狂っていると思う。
個人の名誉毀損の訴えである。自決命令を出したか出してないか。
証拠がないのに、名誉毀損が成立しない理由はなんだろう。
沖縄ノートの根本的な欠陥である、取材していないことをどう思うのか。
沖縄に行かずに沖縄を書く。無責任としか見えない。


大江の朝日新聞コメントは、一言で言えば卑怯。

”私が38年前にこの『沖縄ノート』を書いたのは、日本の近代化の歴史において、沖縄の人々が荷わされた多様な犠牲を認識し、その責任をあきらかに自覚するために、でした。沖縄戦で渡嘉敷島・座間味島で七百人の島民が、軍の関与によって(私はそれを、次つぎに示された新しい証言をつうじて限りなく強制に近い関与と考えています)集団死をとげたことは、沖縄の人々の犠牲の典型です”

自決の強制とは書かないで関与と書く。大江本人が、自分の文章が嘘だと自白している。
これで無罪は納得できない。
[PR]
by hg20706 | 2008-10-31 20:05 | くだらない戯言

ちあきなおみ

自分のための覚書。ヨウツベ集






ちあきなおみさんは、4つのお願いなど聞いてはいましたが、
ファンになったのは社会人になってから
中古CD屋でみつけてからです。
越路吹雪さんが、岩谷時子さんたちスタッフの提供する彼女のための唄を彼女らしく歌ったのに対し
ちあきなおみさんは、外国も含めて幅広いジャンルの他人の唄のカバーをしたり、中島みゆきや飛鳥涼といった新しい人に曲を求めて、常に変化し続けた歌手だと思います。
全曲集が販売されているうちに買えるようになりたいです














ファドはアマリア・ロドリゲスのこぶしがグルグル回るポルトガル演歌で知られていますが、ちあきさんは原曲よりあっさり歌っています。

[PR]
by hg20706 | 2008-10-09 23:24 | くだらない戯言

桃郷シンデレラ

学生時代、AMラジオから流れる曲を聴きながら過ごした時があった。
どうしても耳から離れない唄

ということで
戸田恵子さんのハローの次は

タンゴ・ヨーロッパ桃郷シンデレラ
tokyo cityってところの哀切さが好きです。

彩恵津子
雨に描いたリグレット
リアウインドゥのパームツリー
声が透き通っていいんです。

共にyutubeから消えてました。

西島三恵子
冬のかもめ
天体望遠鏡

山崎ハコ
望郷

テンポイントの詩
   大学時代の友人に教わりました、競馬と共に。
   もし、朝がきたら  透明感のある歌声を酒を酌み交わしながら聴いてました。外は雪。

鈴木一平
水鏡

テレビで憶えたメロディ

野際陽子「非情のライセンス」
ナレーションも好きなので



天知茂

昭和ブルース



笠置シズ子の買い物ヴギ

以上懐かしい昭和でした
[PR]
by hg20706 | 2008-10-05 21:08 | くだらない戯言